So-net無料ブログ作成

パッション 映画 動画 吹き替え [動画映画 海外]

2004年製作のアメリカ映画「パッション」は、当時スター俳優でもあったメル・ギブソン監督が、すべて自腹を切って作ったライフワーク的作品。彼の個人的信仰を表明したとも言える自主制作映画です。作品では英語ではなく、当時のイスラエルで実際話されていたアラム語を使用。衣装も全部手縫いだそうで、メル・ギブソンのこの映画に対する力の入れようがうかがえます。

この作品も「エクソシスト」同様、ショック死した観客がいたそうですが、確かに終盤で描かれるイエス・キリストの拷問シーンは壮絶です。このシーンがまさにメル・ギブソンが描きたかった場面だったようで、思い入れタップリに演出している、といった感じです。しかし、このシーンがあまりにもヘビーな描写だったからこそラストシーンとのコントラストが効果を上げ、忘れがたい作品になったのだと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。